本文へスキップ

横浜市の社会保険労務士岡経営労務事務所は新横浜・横浜・横浜市を中心に、給与計算・社会保険・人事労務管理のアウトソーシングをメインとした社労士事務所です

横浜市港北区 新横浜 2-5-10
新横浜楓第2ビル7階

TEL. 045-471-7749

社労士事務所のひとりごと

横浜市港北区 新横浜のとある社会保険労務士が日々の社労士事務所で感じたことを掲載します
文責は弊事務所にあります

新横浜のとある社会保険労務士のひとりごと(2019年1月〜)

<<前のページ | 次のページ>>
2019年9月20日(金)
令和元年の年末調整関係書類を掲載しました

今年も年末調整の時期が近づいてきました。

例年通り年末調整関係書類を書式集に掲載しましたので、どうぞご利用ください。
◆令和2年分 給与所得者の扶養控除等申告書(エクセル.xls)
◆令和元年分 給与所得者の配偶者控除等申告書(エクセル.xls)
◆令和元年分 給与所得者の保険料控除申告書(エクセル.xls)

今年の年末調整の変更点は、扶養控除申告書に「単身児童扶養者」欄が追加されました。これは一定所得額以下のシングルマザー、シングルファーザーの住民税が非課税となる制度が令和3年度から始まるのに合わせて、令和2年の年末調整時に必要となるためのものです。

また、来年(令和2年)の年末調整を行うときには、給与所得控除や基礎控除額が変更となるため、年末調整のやり方が大きく変わります。今年(令和元年)は変更ありません。

(よ)

このページの先頭へ
2019年8月2日(金)
同一労働・同一賃金

働き方改革の一環として「同一労働・同一賃金」が始まります
令和2年(2020年)4月から実施(中小企業は令和3年(2021年)4月から実施)となります。

他の働き方改革と大きく違うのは、法違反(同一労働同一賃金に違反)しているかどうかはあくまでも司法の判断となり、時間外労働の上限規制や年次有給休暇の5日付与義務のように法違反が一目で明らかにわかるようなものとは性質が異なっています。その意味で、トラブルになる場合には、対労働基準監督署(雇用環境均等室)ではなく、司法やその前段階としての協議に持ち込まれることになります。

「目に見えない」部分も多く、事業者にとっては働き方改革の中でも対応に苦慮する改正ではないかと思います。

事務所報NEWSで「同一労働・同一賃金」を取り上げました。(お)

このページの先頭へ
2019年5月1日(水)
新しい時代

令和が始まりました。

社労士業務について平成を振り返ってみると、平成の後半、とくに最後の4〜5年はものすごい変化があったように思います。法律関係や手続もそうですが、これまでのことは「リセット」しないと対応できないことが増えています。
各種相談については、今まではある程度のパターンがあり経験則に当てはめることができたのですが、ここ最近では特殊個別の事案が多く、答えも一つではない、ある意味、社労士の考え方、回答の仕方次第という相談が増えています。

令和の時代は、平成よりもさらに変化のスピードが速くなっていくでしょう。(お)

このページの先頭へ
2019年4月1日(月)
新年度のスタート

今日から新年度がスタートしました。

新元号が発表になります。

そして、働き方改革がいよいよ始まりました。
全体的には人手不足の状態ではありますが、このところ、一部で「よくない話」があるのも事実です。
消費税が上がり(予定)、オリンピックまでと、これまでと違った年度になるのではないでしょうか。(お)

このページの先頭へ
2019年3月20日(水)
36協定の新書式

36協定の新様式を書式集に掲載しました。
特別条項無し、特別条項あり、ともにエクセル(Excel)とPDFでご用意しました。最も早い事業所では、本年4月1日以降協定分から新様式での提出が始まります。(よ)

このページの先頭へ
2019年3月8日(金)
退職後の社会保険手続について

3月も中盤になりました。

3月と4月は入社、退職等が多い時期と思います。
「退職後の社会保険手続」を簡単にまとめたパンフレットを最新版に更新しました。

・退職後の健康保険
・退職後の年金
・退職後の雇用保険(失業保険)

事業所内で退職する人がいる、ご家族・知人等で退職する人がいる、等の際にどうぞご利用ください。
退職後の社会保険手続について(退職者配布用)

このページの先頭へ
2019年3月1日(金)
「労働時間の客観的な把握」
働き方改革 第4回
「労働時間の客観的な把握」を事務所報に掲載しました。

一部を除き、原則としてすべての労働者が対象となります。(小)

このページの先頭へ
2019年3月1日(金)
健康保険料率・介護保険料率の変更

平成31年3月より協会けんぽの社会保険料率が変更になります。

「協会けんぽ神奈川」
「協会けんぽ東京」
保険料額表を掲載しました。

このページの先頭へ
2019年1月18日(金)
「36協定届の変更点」

働き方改革 第3回
「36協定届の変更点」を事務所報に掲載しました。
新様式の記載例(厚生労働省サンプル)もあわせて掲載しました。(吉)

このページの先頭へ
2019年1月10日(木)
「年5日の年次有給休暇の取得」の実務

「年5日の年次有給休暇の確実な取得 わかりやすい解説」が昨年末に厚生労働省HPに掲載されました。実務面における具体的な対応や、現場で起こりえるQ&Aが記載されております。

中でも事業所様に特に確認していただきたい重要なポイントにつきまして、赤色〇印、赤色アンダーラインを弊事務所で注釈追加し、事務所報に掲載しました。

働き方改革のうち、年次有給休暇の改正については、大企業・中小企業を問わず、平成31年4月から実施となります。

このページの先頭へ
ブログ新規ページスタート
2019年1月4日(金)
本年もよろしくお願いいたします

平成最後の年明けとなりました。

今年は働き方改革、元号の変更、消費税引き上げが予定されており、社労士事務所や総務人事を担当されている方にとっては多忙な1年となりそうです。
本年もよろしくお願いいたします。

このページの先頭へ

バナースペース

横浜市の社会保険労務士
岡経営労務事務所

222-0033
横浜市港北区 新横浜 2-5-10
新横浜楓第2ビル7階

TEL 045-471-7749


社会保険労務士個人情報保護事務所SRP2認証番号1600164